ロケーション|【公式】ガーラ・レジデンス南馬込|都営浅草線「馬込」駅徒歩7分|大田区新築分譲マンション

  • TEL

LOCATION

地の美意識

豊かな緑に抱かれた、閑静な第一種低層住居専用地域に住まう。

古より人が暮らす地として愛されてきた「馬込」。このエリアは、関東ローム層が堆積してできた強固な武蔵野台地の、さらに一段高い場所にあり、昔から地盤が良いことで知られています。

古より人が暮らす地として愛されてきた「馬込」。このエリアは、関東ローム層が堆積してできた強固な武蔵野台地の、さらに一段高い場所にあり、昔から地盤が良いことで知られています。「ガーラ・レジデンス南馬込」が佇むその場所は、中でも閑静な住環境として守られた「第一種低層住居専用地域」にあり、心地よい光と風が薫る、住宅地としての落ち着きを漂わせています。周辺は、都心アクセスの良い環境にありながらも、自然を肌で感じることのできる豊かな潤いに包まれており、歴史ある「馬込文士村」が広がるなど、穏やかな時間が流れています。

立地概念図

美しい街並みを生みだす「第一種低層住居専用地域」

美しい街並みを生みだす「第一種低層住居専用地域」

建築できる建物用途の種類や、建物の高さなどの建築制限が最も厳しく制定されている地域、病院さえ建てられない、それが「第一種低層住居専用地域」です。都市計画法によって、良好な住環境を守ることを定められた地域ならではの閑静な街並みが広がります。

建築できる建物用途の種類や、
建物の高さなどの建築制限が最も厳しく制定されている地域、
病院さえ建てられない、それが「第一種低層住居専用地域」です。
都市計画法によって、良好な住環境を守ることを
定められた地域ならではの閑静な街並みが広がります。

各指定地域での建築物の規定:○=建築可 △=面積などの規制あり ×=建築不可

周囲に高い建物がないので、日光が届きやすい

第一種低層住居専用地域概念図

「第一種低層住居専用地域」のメリット

中高層ビルが建てられない 住宅系が多いので外来者が少ない 工場や遊戯施設が許可されない 高さ制限があるので街並みが美しい

  • ● 中高層ビルが建てられない
  • ● 住宅系が多いので外来者が少ない
  • ● 工場や遊戯施設が許可されない
  • ● 高さ制限があるので街並みが美しい

「ガーラ・レジデンス南馬込」は、第一種低層住居専用地域の「高台」に誕生しました

「ガーラ・レジデンス南馬込」は、第一種低層住居専用地域の「高台」に誕生しました

高低差概念図

用途地域概念地図

用途地域概念地図

良好な地盤だからこそ可能な直接基礎を採用。

「ガーラ・レジデンス南馬込」の敷地は、地表面から浅い深度にローム層およびローム質粘土層があり、その堅固な支持地盤(一部改良土地盤)の上に基礎を立ち上げ、点ではなく面で支える「直接基礎構造」を採用しております。

「ガーラ・レジデンス南馬込」の敷地は、
地表面から浅い深度にローム層およびローム質粘土層があり、
その堅固な支持地盤(一部改良土地盤)の上に基礎を立ち上げ、
点ではなく面で支える「直接基礎構造」を採用しております。

直接基礎構造概念図

  • ローム土が自然堆積し、良好な住宅地盤が形成された武蔵野台地。

    ローム土が自然堆積し、良好な住宅地盤が形成された武蔵野台地。

    武蔵野台地は、荒川と多摩川にはさまれた、関東平野の西部に広がる扇状の台地。そこに富士山の火山灰が西風に運ばれて堆積し、その後に風化が加わることで、強固な地盤「関東ローム層」が形成されました。その生成時期は、最下層で数十万年前、最上層で約1万年前と考えられています。


    液状化現象の起こりにくい、安心の高台立地。

    関東ローム層で覆われた武蔵野台地の東南端にあたる大田区の高台は、「田園調布」付近の海抜が最も高く、約42.5メートル。「山王・馬込・本門寺」辺りが海抜約25~35メートル、「久が原」が約15メートルとなっていることから、「ガーラ・レジデンス南馬込」が立地する南馬込周辺は最も液状化の可能性が低い地域のひとつとされています。

  • 武蔵野台地高低概念図

    武蔵野台地高低概念図/
    掲載の武蔵野台地高低概念図は平成28年4月に大田区総務部防災危機管理課が発行した「大田区標高図(海抜表示)」を基に描き起こしたもので実際とは異なります。また、概念図上の線路・道・施設等は実際の位置とは異なります。

低層住宅ならではの揺れ幅の小ささにも注目。

地震の際、同じ地面の揺れでも、建物の高さによって揺れ方は異なります。建物の揺れ幅が決める固有周期は、高さによって異なり、一般的に高いビルほど長い固有周期となります。また、地面の揺れの周期と建物の固有周期が一致すると、その建物は大きく揺れだす現象が起こります。高層住宅に比べて、低層住宅は同じ地震でも揺れ幅は小さく、一度の揺れによる家具の移動の距離も短くなる傾向にあります。

地震の際、同じ地面の揺れでも、
建物の高さによって揺れ方は異なります。
建物の揺れ幅が決める固有周期は、高さによって異なり、
一般的に高いビルほど長い固有周期となります。
また、地面の揺れの周期と建物の固有周期が一致すると、
その建物は大きく揺れだす現象が起こります。
高層住宅に比べて、低層住宅は同じ地震でも揺れ幅は小さく、
一度の揺れによる家具の移動の距離も短くなる傾向にあります。

建物固有周期概念図

※掲載の環境写真は平成27年10月、平成28年3月・5月・7月、平成30年4月撮影のものです。

※掲載の立地概念図は概念的に描き起こしたもので、向き・位置関係・距離・形状・縮尺等は実際とは異なります。